冬の準備をはじめた方へ~シーズヒーターランキング

トップ > シーズヒーターについて > シーズヒーターは体の芯から温めてくれる

シーズヒーターは体の芯から温めてくれる

 暖房器具としてこたつが知られています。昔の家では掘りごたつがあり、中に練炭などを入れて暖めていました。家電製品としてはテーブル部分の真下にヒーターが取り付けてあるタイプが知られています。こたつの中といえば赤いイメージがあり、さらに遠赤外線などと書かれているので勘違いする人もいるようです。こたつが赤く見えるのはランプを赤く塗っているからで、熱による赤さではないとされています。ただ、赤外線が出るタイプは暖房器具としては非常に重要な機能になります。体を芯から暖めるには赤外線が出るタイプが良いとされています。調理器具で言えば、ガスなどより炭火の方が赤外線が出やすく、遠赤外線での調理がしやすいとされています。同じように火が出ているようでも、原理が異なると熱の伝わり方が異なります。

 冬に使う暖房器具では、比較的使い勝手がいいのが電気ストーブです。電気があるところならどこでも使えます。石油ストーブのように石油を必要としません。重さもそれほど重くありません。電気ストーブには幾つか種類があり、よく知られているものとしてはハロゲンヒーターやカーボンヒーターがあります。そしてそれとは少し異なるタイプとしてシーズヒーターがあります。原理としてはどれも似ていて、電気によって発熱体を暖め、その熱で体などを暖めてくれます。ハロゲンタイプなどは、ただ熱が出てくるだけなので、表面を暖めるのにいいとされています。あまり同じ位置を当て続けていると低温やけどをしてしまうことがあります。火でやけどをするようなひどい状態にはなりませんが、皮膚が少しただれたようになってしまいます。

 シーズヒーターは、他のタイプと異なり、遠赤外線によって暖める仕組みになっています。実際に家電量販店などで利用してみると、他の電気ストーブと熱の雰囲気が大きく異なるのが分かります。冬の家電量販店は暖房などがきいているので自宅での利用と一概に比較はできないでしょうが、イメージとしては石油ストーブのような温かさを感じることができます。表面だけでなく、体の芯から暖めてくれるので、寒い時には重宝します。電気ストーブを使うとき、あまり暖まりにくいので他の器具と組み合わせて使う人もいますが、シーズヒーターであればこれだけでしっかり温めることができます。無駄が少ないと言えるでしょう。こたつや電気カーペットなどを組み合わせることなく、一台だけ用意しておけばしっかり暖房ができます。

次の記事へ

カテゴリー