冬の準備をはじめた方へ~シーズヒーターランキング

トップ > シーズヒーターについて > シーズヒーターの回転機能と危険防止機能

シーズヒーターの回転機能と危険防止機能

 多くの家庭で使われている暖房器具としては、エアコンの暖房があるかもしれません。夏はクーラーとして使っているものをそのまま使います。クーラー同様に部屋全体を一定温度に保つのには優れていますが、暖めるのに時間がかかったりします。暖かい空気はどんどん上に上がるので、上が暖まらないと下まで暖まってくれません。使い始めはなかなか暖まってくれない暖房器具です。石油ストーブはエネルギーコストが低く暖まりやすいメリットはありますが、火を使ったり石油を使うのでいろいろ気にしながら使わないといけません。転倒させれば非常に危険なので、集合住宅によっては利用を禁止しているところもあります。ではエアコン以外にはどんな暖房器具を使ったらよいかになります。その時にシーズヒーターを検討してみましょう。

 減源を入れるとすぐに暖まってくれるので、使い勝手は非常にいいです。多くの家電メーカーから販売されていて、それぞれでタイプが異なります。タイプとしては、回転機能があるタイプとないタイプがあります。回転機能がないタイプは据え置いて使います。回転しないので音なども一切しません。ある部分を集中的に暖めたいときに便利といえます。回転機能は、回転させて使えますし、据置タイプ同様に集中的に暖めるのにも使えます。据置タイプだと、向いている方向のみしか暖まりません。その他はなかなか暖まりません。回転タイプは、いろいろな方向に暖かさを向けてくれるので、広い範囲を暖めることができます。大きさにもよりますが、複数人の人を同時に暖めてくれます。ファミリーで利用するのにいいかもしれません。

 石油を使うタイプに比べると安全とされていますが、必ずしも常に安全とは言えません。倒れた時などは、場合によっては発火の原因になるとされています。布をかけたり、近くに洗濯物をかけるなどの使い方は絶対にしてはいけません。気になるのは倒れた時でしょう。ちょっとしたはずみで倒してしまいそのままの状態になる可能性があります。多くには、転倒時に電源が切れる機能がついています。底の部分に転倒しているのかしていないのかを感知するセンサーがついていて、倒れた時には電源を切ってくれます。もちろん暖かさは得られませんが、発火の心配を軽減できます。発熱する部分に直接触ると非常に危険ですが、金属上のカバーが前に設置されているので直接触れないようになっています。これも大抵の機種で対応してくれています。

次の記事へ

カテゴリー