冬の準備をはじめた方へ~シーズヒーターランキング

ワットの調節の方法や向きの変わり方

thumbnail電気ストーブはどれも同じ様に感じるかもしれません。実際は発熱部分の構造によって大きく異なります。シーズヒーターは発熱部分がガラスではなく金属で覆われています。そのため、ハロゲンタイプなどのようにちょっとした衝撃で壊れることはあまりありません。

複数の種類がありますが、その中でランキング上位に来ているものとしてはワットの調節が細かくできるものかもしれません。電気ストーブはどうしても電気を使います。細かく設定できれば、ちょうどいい温度設定ができます。その分節約することができるでしょう。

タイプとしては固定タイプと首振りタイプがあります。部屋などをまんべんなく暖めたいときは首振りタイプがいいでしょう。固定タイプは安定しているので、安全の面では優れています。メーカーによる違いもあり、空調メーカーが製造しているものが人気です。

新熱工業株式会社

公式サイトはこちら

新熱工業株式会社は創業して以来、35年の歴史がある会社です。こちらの会社は熱心を持った会社です。ものづくりのプロセスをとても重視しているだけでなく、専門家としての知恵と技術を集約していてとても信頼があります。そのためシーズヒーターをお探しの方の力になってくれます。

また、新熱工業株式会社は多品種少量で応えてくれる曲げの技術力を持っています。そのため、需要に応じた開発を積み重ねる努力をしています。それからこちらの会社は前向きな姿勢で広い分野で見て社会に貢献する事に力を入れています。

それから新熱工業株式会社は、コストや納期などの制約がある中で手間や時間、経験に基づいて知恵を振り絞る姿勢で商品の開発をしています。そのため、要望に応えてくれるシーズヒーターを安心して購入する事が出来ます。

日本ヒーター株式会社

公式サイトはこちら

工業用ヒーターの総合メーカーである日本ヒーター株式会社はあらゆるヒーターの製造に精通しています。中でも最近注目されているシーズヒーターの製造開発には力を入れています。シーズヒーターとは簡単に言えばニクロム線を金属のカバーで覆ったヒーターです。

その簡単な構造からとても細いものから長いものまで手軽に作成することができます。その開発技術を日夜研鑽しているのが日本ヒーター株式会社です。日本ヒーター株式会社ではこのシーズヒーターに絶縁素材などを用いてヒーター自体の折り曲げを可能としています。

あらゆる形状のヒーターをシーズヒーターを使用して日本ヒーター株式会社は作成可能です。日本ヒーター株式会社では機械や設備などに応じたシーズヒーターを別注でも作成しています。シーズヒーターの事なら日本ヒーター株式会社に問い合わせする事をお勧めします。

株式会社熱学技術

公式サイトはこちら

社員全員が技術者と胸を張っていえるのが、株式会社熱学技術の凄さです。その技術力によって、シーズヒーターを始め、多種多様のヒーターが開発されてきました。要望が多い、シーズヒーター曲げることも、形状の単純化を行い、納期に合わせてくれます。

また、実現したいことがあっても、技術的な問題として、他社で断られた案件にも無下に断ったりはしません。その要望を実現させるために、技術力をつぎ込みます。この経験が技術力の向上させ、成長していくことにも繋がっていきます。

依頼する量の1つから、依頼を受け付けてもらえます。納期を早めてもらうことも、場合によっては受け入れてもらえるかもしれません。取り敢えず、相談をして、間に合うようであれば、その日を納期にできます。

ユーイング

公式サイトはこちら

ユーイングのシーズヒーターは、電気ストーブなのですが、無段階調節なので、暖かさは自在というのが魅力の一つとなっています。秋の暮れから、真冬まで、自分の丁度良い温度が自在なので、とても便利なのでお勧めです。

ユーイングのシーズヒーターが暖かい理由は、遠赤外線が豊富なことがあります。また、電気代も通常の電気ストーブより安くなっていますので、暖かさの面と金銭面も安い為に、今とても人気で話題となっているので、お勧めです。

ユーイングのシーズヒーターは、リモコン機能やタイマー機能などもあり、利便性も高く、とても使いやすいのでお勧めです。使い勝手や金銭面も優しいので、冬はこの一台があれば、間違いはないです。

新日電熱工業株式会社

公式サイトはこちら

新日電熱工業株式会社は、液体や気体など被加熱物に直接触れる構造によって加熱することができるシーズヒーターの設計や製造に携わっています。合成樹脂や合成繊維、太陽電池に接する方式、そしてフラットパネルディスプレイの製造装置や造船、加えて石油化学、印刷ラインの乾燥工程などに使用されていることが多いのがシーズヒーターです。

新日電熱工業株式会社のシーズヒーターの設計例として、ワット密度や熱効率を高めた空気加熱用シーズヒーターや、ヒーター配列を考えて熱効率を良くし下部の容量も大きく持たせたホッパー用シーズヒーターがあります。それに、ヒーターのワット数を振り分けて温度の分布を均一にした空気加熱用シーズヒーターなどが挙げられます。

新日電熱工業株式会社はニクロム線をさやで覆うタイプのシーズヒーターも、独自加工技術によって安全と省エネを両立させ、さらに自由設計にも対応可能な装置としてご用意しています。もちろんそれぞれの製品は企業様毎のご要望にかなったもののご提案が可能です。

河合電器製作所

公式サイトはこちら

河合電器製作所は1929年に設立された会社で、現在の本社は名古屋市の天白区が活動拠点となっています。この会社では本社に隣接して天白工場が、愛知郡東郷町にある名古屋営業所と隣接して東郷工場、そして瀬戸市見付町に瀬戸工場がそれぞれ存在しています。なお瀬戸工場は株式会社テクノヒーターとしての名前で活動をしています。

また愛知県にあるこれら3か所以外では東京の中央区に営業本所が、大阪の中央区に大阪営業所としてそれぞれ活動拠点を構えています。なお本社の営業時間は平日の9時から17時となっていて、土休日は休業日となっています。なお従業員数は河合電器製作所としてが約151名が、瀬戸工場が約50名ほどとなります。

この河合電器製作所の主な事業内容はシーズヒーターやチューブヒーターなど工業用電気ヒーターの開発製造販売に加えて、熱技術に関わるコンサルティングサービスとなっています。その熱技術に関する解決事例の一例では、シリコンラバーヒーターとして医療機関での小動物の治療用マットやシーズヒーターとして鉄道車両搭載リチウムイオンバッテリーの保温用ヒーターの開発などが挙げられます。

明るすぎないシーズヒーターは寝室にもぴったり

ニクロム線が発熱体に使われているのが、シーズヒーターの特徴の一つです。絶縁物質で発熱体を包み込み、金属性のパイプの中に入れおり、構造上からの上部ですから、ほかのヒーターよりも壊れにくさがあります。電気ヒーターにも種類がありますが、最も長寿と言われるのがシーズヒーターです。普通に使い続けていれば、順調に10年以上は快適な使用ができるので、長く愛用ができます。暖房器具は明るすぎると眠りを妨げることになりますし、明るるギルハロゲンヒーターは、寝室に置くのはためらわれるタイプです。明るくて眠れないのでは、就寝の妨げになりま、シーズヒーターは加熱時でも、明るすぎるレベルにはなりません。性質的にも睡眠を邪魔する明るさは持たないので、寝室の暖房器具としても重宝をするタイプです。

熱源はニクロム線のシーズヒーターは、絶縁体の酸化マグネシウムに守られていて、保護は特殊金属管ときていますので、寿命も長くて汚れにくいです。むき出しタイプの電源戦ではないので、衝撃や水にも強いのも、シーズヒーターの特徴になります。ワット数にもよるものの、シーズヒーターを利用するときの電気代は、60分の利用で10円から30円くらいです。各段階別での温度調整可能なシーズヒーターや、エコモード搭載のシーズヒーターも、現代では市販されています。光熱費はできるだけ控えたい家庭であれば、電気代節約を考えて、エコモードなど機能がついているヒーターを選ぶ頃です。電気ストーブにもいろいろありますが、その中でもシーズヒーターは、赤外線放出量が多くなります。赤外線ヒーターと比べてみると、スイッチオンで温かくなるまでには、5分くらいの時間が必要です。

室内に置く暖房着具としても、シーズヒーターは操作が簡単であり、石油ストーブなどのようなタイプではないので、窓を開けて換気が必要というような手間もないです。ヒーターにもいろいろありますが、ハロゲンヒーターを使うよりも、シーズヒーターの方が電気代を安く抑えることができます。石英菅などのヒーターのタイプよりも、周囲からの衝撃にはとても強いですし、もしも水が高温の時に触れたとしても、発熱体が壊れてしまう可能性は低いです。操作が難しい対応ではなく、シンプルにスイッチを入れればよいだけですし、直ぐに暖かくなるので快適な室内にでいます。カーボンヒーターよりも遠赤外線が多く照射されるのも特徴であり、シーズヒーターのおかげで体の芯までポカポカと暖かくなるのもメリットです。

カテゴリー